お知らせ

日付 : 2020/04/12

護摩祈願、お祓い、先祖供養、鳴り釜護摩

本日はお寺様にて一般の参拝者様の入堂は辞退していただき限られた人数の僧侶だけで疫病退散の護摩祈願を厳修いたしました。沢山の情報が入り混じるなかで我々ができる事を少しずつでもやっていこうとの意見での護摩祈願となりました。自分も何かしたいけど内容が決まらないとおっしゃられる方もおられますが、そんなに難しく考えずに自分な得意分野で世間に貢献されればいいと思います。集団行動が規制されるなかですが色々な事はできると思います。今はとても笑顔が少なくなってきていると思いますがSNSで発信したり集合しなくても他人と繋がれる時代です、我々祈禱師はこれからも疫病退散の護摩祈願を続けてまいります、できる事かれ少しずつの気持ちで皆様と協力してこの騒動を乗り切れればと思います。

護摩祈願、お祓い、先祖供養、鳴り釜護摩

日付 : 2020/04/05

護摩祈願、お祓い、先祖供養、鳴り釜護摩

先日、私が副住職をさせていただいてる奈良県、二上山裕泉寺の護摩堂へ友人から天蓋を寄進していただきました。寄進のみならず備品の買い出しから既存の天蓋の取り外し、新品の取付工事にいたる全ての事をご夫婦様が快くお手伝いしてくださいました。取付工事が無事終了した後で護摩祈願を厳修させていただき御社の事業繁栄、商売繫盛、家族全員、従業員一同様の健康祈願を祈願させていただきました。護摩祈願の炎に揺れる天蓋がとても神秘的でなおかつステンレス製の大型という事で今までの護摩祈願よりかなり安心して護摩祈願を厳修でき本当に感謝いたしました。昨今の新型ウイルス騒動の影響で商売に影響があるにも関わらずわざわざお寺様まできていただき心より御礼申し上げます。いつ終息するかわからない疫病騒動ですが護摩祈願にて早期消滅を日々ご祈願いたしております。沢山の情報が出回っておりますが、個人個人が気を付ければかなり感染をおさえれる事を意識して行動し、予備があるならば、無い人に譲る思いやりの心を持って行動をされる事も重要な蔓延防止策にも繋がると思います。私は日々の勤行で疫病退散と皆様の健康一心に祈願し続けさせていただきます。

護摩祈願、お祓い、先祖供養、鳴り釜護摩

日付 : 2020/03/31

先祖供養、お祓い、鳴り釜護摩、護摩祈願

先日、熊本県の実家へ父親の7回忌と先祖供養に規制してまいりました。昨今の新型ウイルス騒動もあり一時期は当院で先祖供養を行っといてほしいとの意見もありましたが節目の年である法要であり私自身がお墓参りにも行きたいと思い私のみ帰省して先祖供養を執り行いました。母親も一安心してくれたようでお参りさせていただけて良かったです。その後現在の私の鳴り釜護摩や線香護摩祈願の話をしたり少しゆったりとした時間をすごして帰阪しました、帰阪後の先祖供養のご依頼も少なからずキャンセルがでていますが時節柄いたしかたなく思い当院本堂にて私のみで修法させていただいております。

先祖供養、お祓い、鳴り釜護摩、護摩祈願